製品仕様・特徴

slimeスマートリペア/slimeセーフティスペア


タイヤ外しやジャッキアップ不要でパンク修理が可能な画期的なパンク修理剤です。

水溶性、非毒性、不燃性の繊維、結合剤、ポリマーを配合して、タイヤの遠心力を利用し,穴が空いている領域を探し出し、しっかりと封止します。

ホンダ、GM、フィアットグループなど、大手自動車メーカーの純正採用品でもあり、世界36カ国、北米を中心にタイヤショップ、ホームセンターなど約50,000店舗で販売されています。


  • 女性の方でも楽々パンク修理!
  • 水溶性で安全安心。
  • タイヤやホイールを傷めない!
  • 安全性の高い作業が可能!

img1

 

slimeとは

  • タイヤシーラントのパイオニアであり世界で一番のシェアを確立
  • アメリカやイギリスのNo.1ロードサービス組織で唯一採用され、GM・ホンダ・USAトヨタ・フェラーリ・マセラティ等の自動車メーカーへOEM供給されています。
  • 世界72ヵ国、50,000店舗以上で扱われ、ISO-90001、TS-19649取得済

slimeのメリット

  • SLIMEは簡単に水洗いが可能です。
  • 修理剤は無害ですが、浄化水槽設備のある所で洗い流して下さい。また、タイヤ、ホイールを痛める心配が有りません。
  • 従来のスプレータイプのパンク修理剤は一旦使用するとタイヤ内部に付着したゴム状の溶剤を落とす事が出来ません。(タイヤの再利用が出来ない=お客様の負担増です!!)
  • 空気圧モニター装備車両(米国車やレクサスなど)にも空気圧センサーが再利用可能です。

 

商品ラインナップ

用途や使い方に応じて、様々なslimeをご用意しています。

img2_1
  • タイヤを外さずバルブコアを外し、バルブシステムからスライムシーラントを注入してからバルブコアを元に戻し、タイヤに空気を注入するだけ。
  • 空気圧がファイブロシールテクノロジーにより強制的にパンク穴を防ぎ6mmまでのパンク穴までOK。



➡ ご購入はこちらから 「AutoStyle」

 


img2_2
  • タイヤを外さず更に「バルブコアの取り外しも不要」のオートマチックタイプ
  • ホースと電源を接続し、スイッチを入れるだけで修理剤もエアも簡単自動注入



➡ ご購入はこちらから 「AutoStyle」

 

 

作業はいたって簡単!!


  1. 付属の専用工具を使ってバルブコアを外す。
  2. 注入用ノズルをタイヤのエアバルブにしっかりと差し込み、タイヤ1本に対しボトル1本すべてを注入する。
  3. 修理剤の注入が終わったら、バルブコアをしっかりと取り付ける。
  4. コンプレッサーのエア充填ホースをタイヤのエアバルブにしっかりと固定する。
  5. コンプレッサーの電源を入れ、コンプレッサーを作動させ、空気圧ゲージで空気圧を確認しながら指定空気圧まで空気を充填して下さい。

 

  1. img_3_1
  2. img_3_2
  3. img_3_3
  4. img_3_4
  5. img_3_5

注意事項

  • slimeスマートリペアはパンクを完全に補修するものではありません。(あくまでも、応急修理剤です)
  • 最大6mmまでの穴に対応できますが、それ以上穴が開いているタイヤには使用出来ません。
  • タイヤ側面のパンク、切り傷、バースト、リムとタイヤが外れている状態では応急修理出来ません。
  • 吸音スポンジを使用しているタイヤには使用できません。
  • 作業終了後は時速80㎞/h以下の安全を確保出来る速度で走行し、出来るだけ速やかにカーショップ・タイヤショップで修理剤を抜き取り、本修理を行ってください。(最大800kmまで走行は出来ます)
  • タイヤサイズによって本製品をタイヤに注入する量が違います。(自動車~普通乗用車の場合は本製品1本。)
  • 四駆、大型車では1.5~2本必要なタイヤサイズの場合もありますので、その場合は別売り『タイヤシーラント』をご購入して常備されることをお勧めします。
slime溶剤の使用期限は製造年より5年となっております。溶剤に記載してある使用期限が切れる前に、 別売のタイヤシーラントに交換して下さい。
img_2_3
  • 製品のチューブをエアバルブに差し込んで噴射する、エアゾールタイプです。
  • 「スマートリペア」のようにタイヤを外さず「セフティスペアオートマチック」のようにバルブも外さず使用できるパンク応急修理剤です。
    最大4.6mmまでの穴に対応します。
  • スライムクイックスペアは、パンクの本修理を行える施設まで車を移動させる事を前提とした応急パンク修理剤です。
    タイヤサイズによりタイヤが十分に膨らまない場合が有ります。
    極端な扁平タイヤに使用した場合、十分な効果が有られない場合が有ります。